K式発達検査を用いた発達援助セミナー

新版K式発達検査を用いた発達相談や発達援助のあり方を学ぶ実践講座です。経験やニーズに合わせて、Stage1 〜 Stage3 までの3つのクラスが準備されています。

講師プロフィール


「そだちと臨床」研究会
児童相談所などの福祉臨床に携わる現場臨床家が立ち上げた研究会で、対人援助職のための研修会やワークショップを開催している。定期刊行誌「そだちと臨床」(明石書店)の編集にも携わった。「発達相談と援助〜新版K式発達検査2001 を用いた心理臨床〜」2005年 ミネルヴァ書房、「子ども・家族支援に役立つ面接の技tとコツ ~<仕掛ける・さぐる・引き出す・支える・紡ぐ>児童福祉臨床~」2012年 明石書店、「発達相談と新版K式発達検査 ~子ども家族支援に役立つ知恵と工夫」2013年 明石書店などの著書がある。

講座内容


Stage1:「発達相談のプロセスを学ぶ」
2017年7 月 1 日(土)・7 月 2 日(日)

Stage1 では、検査を実施し助言を行うまでの発達相談の一連のプロセスを学びます。検査経験が浅い方を対象に企画していますが、経験が豊富な方のご参加も歓迎します。検査場面における検査実施の工夫や留意点を学ぶと共に、ワークやディスカッションを通して互いに学びあったり、日々の実践を振り返る機会を提供します。



第1日目
10:00〜12:30
1.検査の実施・記録
         〜ロールプレイによる検査場面視聴〜
12:30〜13:30
昼食
13:30〜16:00
2.検査結果の整理と見立て
〜グループディスカッションによる検討〜
第2日目
10:00〜12:30
3.検査から子どもを理解する
〜子どもを理解する視点・結果のまとめ方〜
12:30〜13:30
昼食
13:30〜16:00
4.検査の結果を伝える
〜保護者、関係者への助言と連携〜


Stage2:「子どもの見立てと保護者への助言を考える」
2017年10月 7日(土)・10月 8日(日)


Stage2 では「子どもの見立てと保護者への助言」にテーマを絞り、さらに学びを深めます。発達相談や検査を通して子どもを理解するための視点を学び、有効な助言・援助を導き出すための演習を重ねます。Stage1の修了者および検査経験が概ね1年以上の現任者の方を対象に企画していますが、検査経験が浅い方でも関心がおありでしたらご参加いただけます。検査場面における行動観察のポイントや保護者への助言・援助の基本的な考え方について、講義と具体的な事例を設定したロールプレイ・ディスカッションを通して体験的に学びます。



第1日目
10:00〜12:30
1.検査の実施・記録・見立て
〜ロールプレイによる検査場面視聴〜
12:30〜13:30
昼食
13:30〜16:00
2.見立てを深める
〜発達をみる眼を養う〜
第2日目
10:00〜12:30
3.助言のコツをつかむ
〜助言のロールプレイとフィードバック〜
12:30〜13:30
昼食
13:30〜16:00
4.事例から学ぶ
〜事例から考える、子ども理解と発達支援・家族支援〜


Stage3:「発達相談グループスーパーヴィジョン」
                2018年1月27日(土)・1月28日(日)


Stage3は、「発達相談グループスーパーヴィジョン」がテーマです。Stage3では、参加者からの事例を募り、グループディスカッションやロールプレイを通して検討します。
 発達相談に携わる方の中には、1人職場である等の理由から、他の人の検査や相談場面を見て学んだり、自分の実践についてのアドバイスを得る機会がない方も少なくありません。このセミナーは、事例を通して検査の実施方法や相談のあり方を見直したり、他の人が行う検査や相談について知る貴重な機会となるでしょう。事例の提示をご希望の方は、受講申込書の備考欄にその旨をご記入下さい。積極的なご参加をお待ちしています。



第1日目
9:30〜12:30
1.オリエンテーション・事例検討T
12:30〜13:30
昼食
13:30〜16:30
2.事例検討U
第2日目
9:30〜12:30
3.事例検討V
12:30〜13:30
昼食
13:30〜16:30
4.事例検討W・総括


受講資格
新版K式発達検査初級講習会修了者、または実際に子どもに新版K式発達検査を行っている方。
Stage1 を受けずに、Stage2,3 から受講して頂くこともできます。

 K式発達検査の実施法を習得する「講習会」ではありませんので、ご注意ください。実施法習得のための講習
  会の受講をご希望の方はこちらをご覧下さい。
時間数
Stage1、Stage2:10時間  Stage3:12時間
講師
「そだちと臨床」研究会
定員
Stage1、Stage2:30名  Stage3:20名 
受講料
各20,000円
申込方法
研修申込書(PDF形式)に必要事項を記入の上、セミナー名とStageを明記して当センターまで郵送してください。Faxで送られる場合は送信後にご確認下さい。受講料については、受講決定の連絡後に郵便振替にてご送金下さい(通信欄に講座名を明記のこと)。
郵便振替 宛先 01010-7-24547 社会福祉法人 京都国際社会福祉協力会
締切間近のお申込の場合、定員の空き状況を当センターまでお問合せ下さい。
申込締切
Stage1:2017年6月 3日(土)
Stage2:2017年9月 9日(土)
Stage3:2018年1月 6日(土
)

                                              △ このページのトップへ

研修課程のごあんない

当センターでは、みなさまの必要性やご希望、経験に応じた、様々な研修を企画しております。研修課程一覧がございますので、講座選択のご参考にして下さい。

研修についてのご質問・ご相談は

研修の選択や受講については、当センターのスタッフがご相談に応じます。お気軽にお問合せ下さい。

KISWECメンバ−シップへのお誘い

KISWECでは皆様のご協力とご支援に感謝し、メンバーシップ制度を設けております。詳しくはこちらをご覧下さい。