対人援助職のための自己覚知 「原家族と向き合う」      


内容
対人援助者が自分自身の原家族での経験を、安心できる空間の中で改めて振り返り見つめ直すことで、現在の生活に統合していくプロセスを経験します。その経験を通して、対象者や援助者自身の家族への理解を深め、対人援助職としての一層の成長・発展を目指します。
受講資格
3日間通して受講できる方で、
@当センターの「家族療法訓練(通年)」、「家族療法月例スーパーヴィジョン」もしくは「家族療法ワークショップSTEPT」もしくは「家族療法ワークショップSTEPU」を修了された方。あるいは、
A何らかの援助専門職に従事し、この講座に関心を持つ方。
開講日
短期集中講座(3日間)
エントリー制。定員に達し次第、開講日を決定します。。
講師
団 士郎(ファミリーセラピスト)、早樫 一男(ファミリーセラピスト)
定員
8名程度
会場
京都国際社会福祉センター
受講料
50,000円
申込方法
本講座はエントリー制です。受講希望者は、研修申込書(PDF形式)に必要事項をご記入の上、当センターまで郵送して下さい。Fax で送られる場合は送信後にご確認下さい。受講料は受講決定の連絡後に郵便振替にてご送金下さい(通信欄に講座名を明記のこと)。
郵便振替 宛先 01010-7-24547 社会福祉法人 京都国際社会福祉協力会

申込締切
随時受付


                                              △ このページのトップへ

研修課程のごあんない

当センターでは、みなさまの必要性やご希望、経験に応じた、様々な研修を企画しております。研修課程一覧ございますので、講座選択のご参考にして下さい。

研修についてのご質問・ご相談は

研修の選択や受講については、当センターのスタッフがご相談に応じます。お気軽にお問合せ下さい。

KISWECメンバ−シップへのお誘い

KISWECでは皆様のご協力とご支援に感謝し、メンバーシップ制度を設けております。詳しくはこちらをご覧下さい。