社会福祉法人 京都国際社会福祉協力会の沿革

昭和45年(1970

本会の出発はスイス・チューリッヒ市から福祉関係者が来日、京都市に福祉分野における国際交流を求めたことにはじまる(9月)

 46年(1971

「スイス京都社会福祉国際交流事業に関する同意書」が京都市長及びチューリッヒ代表の間で調印

 48年(1973

両氏代表を理事に含め、 社会福祉法人 「京都国際社会福祉協力会」 設立認可(2月)
「京都国際社会福祉センター」 竣工(10月)
知的障害者通所授産施設「京都市のぞみ学園」(定員30名) 開園、 スイスは常勤主任研究員を派遣常駐

 52年(1977

自閉症・情緒障害児等療育相談室 「のぞみ親子相談室」(定員20名)開室(4月)

56年(1981)

「京都市のぞみ学園」増築定員38名 (5月)

 60年(1985)

知的障害者通所授産施設「京都市みぶ学園」(定員30 名)受託(5月)

 61年(1986

身体障害者授産施設「京都市みぶ障害者授産所」(定員20名)受託(10月)
身体障害者福祉センター(B型)「京都市みぶ障害者福祉会館」受託(10月)

 62年(1987)

知的障害者通所授産施設(空缶処理)「京都市横大路学園」(定員30名)受託(5月)

平成元年(1989)

社会福祉士養成課程、 厚生大臣認可 京都国際社会福祉センター(2月)

 11年(1999)

「京都市横大路福祉工場」(定員50 名)受託(4月)
「京都国際社会福祉センター教育棟、 東館」 竣工(7月)

 13年(2001)

知的障害者共同生活援助事業「洛東ホーム(現 岡崎ホーム)」(定員 20 名)、知的障害者福利厚生施設「洛東チャーチホール」竣工(9月)

    22年(2010) 
   就労継続支援(B型)事業所「のぞみ工房」(定員20名)開所(4月)
     25年(2013)     計画相談支援「のぞみ相談支援センター」開所(6月)

京都国際社会福祉センターの事業


      
 1.研修事業

 2014年度研修プログラムの他、
  1. 福祉事務所職員委託研修(京都市委託)
  2. 長短期研修(内地留学―自治体及び施設等)受け入れ
  3. 講師派遣事業

2.相談事業

  1. 自閉症・情緒障害児等療育相談室「のぞみ親子相談室」(指定児童デイサービス事業)
  2. 地域心理相談室「のぞみカウンセリングルーム」(有料)

           ※ファミリーセラピストによる家族面接も行っています。

3.研究・資料出版

  1. 新版K式発達検査2001出版、頒布
  2. 日本語マッカーサー乳幼児言語発達質問紙発行、頒布
  3. 日本語版ASEBA発行
  4. MSPA(Multi-dimensional Scale for PDD and ADHD:発達障害の要支援度評価尺度)発行
  5. 「国際社会福祉情報」(年刊)出版
  6. 「発達・療育研究」(年刊)出版
  7. その他、 独自及び委託研究


4.海外研修・交流事業

  1. 民間施設職員国際経験交流事業
    (市内民間施設より毎年 2 名スイスへ 3 ヶ月派遣、 スイス他、海外より受け入れ)
  2. 海外長期派遣研修(福祉で学位をとる者に限る)
                                         △ このページのトップへ

研修課程のごあんない

当センターでは、みなさまの必要性やご希望、経験に応じた、様々な研修を企画しております。研修課程一覧ございますので、講座選択のご参考にして下さい。

研修についてのご質問・ご相談は

研修の選択や受講については、当センターのスタッフがご相談に応じます。お気軽にお問合せ下さい。

KISWECメンバ−シップへのお誘い

KISWECでは皆様のご協力とご支援に感謝し、メンバーシップ制度を設けております。詳しくはこちらをご覧下さい。