発達障害の要支援度評価尺度(MSPA:エムスパ)の発行について

                                                       著者  京都大学 船曳 康子

MSPA(Multi-dimensional Scale for PDD and ADHD)とは
)
 京都大学の船曳康子先生を中心に開発された、発達障害の特性の程度と要支援度の評価尺度です。
MSPAでは、発達障害の特性について、「コミュニケーション」「集団適応力」「共感性」「こだわり」「感覚」「反復運動」「粗大運動」「微細協調運動」「不注意」「多動性」「衝動性」「睡眠リズム」「学習」「言語発達歴」の項目から多面的に評価します。各項目は当事者や保護者からの生活歴の聴取を通して評価し、各項目での結果を特性チャートにまとめることで、発達障害の特性や支援が必要なポイントを視覚的にとらえられるようになっています。
 また、2016年4月1日より保険収載(D285 3)となり、今後医療、療育への活用が期待されます。


      図.MSPAのレーダーチャート


MSPA評定用紙の頒布とMSPA講習会の開催
 MSPA記録用紙セットの発行を開始いたしました。また、MSPA講習会についてのご案内も開始しました。
購入や講習会の受講をご希望の方は、MSPAに関するQ&Aをご確認の上、申込書に必要事項を記入し、郵送またはFAXでお申込み下さい。ご不明な点がありましたら、下記までお問合せ下さい。


発行所 京都国際社会福祉センター
          お問い合わせはTel:075-612-1506まで
                                                          △ このページのトップへ

研修課程のごあんない

当センターでは、みなさまの必要性やご希望、経験に応じた、様々な研修を企画しております。研修課程一覧ございますので、講座選択のご参考にして下さい。

研修についてのご質問・ご相談は

研修の選択や受講については、当センターのスタッフがご相談に応じます。お気軽にお問合せ下さい。

KISWECメンバ-シップへのお誘い

KISWECでは皆様のご協力とご支援に感謝し、メンバーシップ制度を設けております。詳しくはこちらをご覧下さい。