■ソーシャルワーカー養成課程  後援:京都市、京都市教育委員会
治療教育講座

 障害のある方を理解し支援するための基本的な知識を学びます。

 発達の基礎知識から障害の診断、具体的な支援の方法まで学ぶことができる講座です。初心者の方にも現任者の方にもおすすめします。

2017年度スケジュール

 火曜日 19:00〜20:45 全22回(38.5時間)
              

前期:発達をみる視点


 第1回  
  5月 8日(火)
 第2回  
  5月15日(火)
 人間をどうとらえるか ~発達心理学の視点から~

                奈良女子大学名誉教授  浜田 寿美男  
 
人間は誰しもが受精卵から始まって、最後は土に還る。私たちが大人として持ってしまっている発達観、人間観をまずはゼロにまで還元する努力をすることで、新たな発達観、人間観を展望したい。

 第3回  
  5月22日(火)
 第4回  
  5月29日(火)
 体のそだちをみる
  ~感覚統合の観点から~

                    大阪府立大学  立山 清美  
 
人間の体はどのように発達していくのでしょうか。体のそだちの基本となる睡眠・食事・運動の発達過程を学び、感覚過敏・偏食・不器用といった問題について感覚統合の観点から理解を進めていきましょう。

 第5回  
  6月 5日(火)
 ことばの発達とその障害
  

                  関西福祉科学大学  堀田 千絵  
 
記憶には、過去を見つめ直し、不安定な未来に備える柔軟な働きがあります。この記憶の働きは自己の形成にういても重要です。しかし、自閉スペクトラム症の子どもたちは、記憶の働きに困難を抱える場合があります。「記憶」という観点から、子どもの生活、学習場面について考えます。

 第6回  
  6月12日(火)
 第7回  
  6月19日(火)
 言葉のそだちをみる

                      奈良大学  礒部 美也子 
 
子どもたちことばの育ちをどう理解すればよいのか。言葉と、その基盤となるコミュニケーションの発達について考えます。

 第8回  
  6月26日(火)
 第9回  
  7月 3日(火)
 集団の中でのそだち 
   ~子どもの発達をささえるインクルーシブ教育~

                      神戸大学  赤木 和重  
 
障害のある子どもの豊かな発達をささえるためには豊かな集団が必要です。もっといえば、安心できる多様性のある集団が必要です。本講座では私が出会ってきた素敵な実践に学びながら、子どもの発達と集団について考えます。

 第10回  
   7月10日(火)
 思春期・青年期のそだちを支える
                    
                    神戸大学大学院 鳥居 深雪  
思春期・青年期は誰にとっても大きな節目です。加えて、何らかのハンディを持つ人の場合は、個別的な配慮や支援も必要になってきます。就労や社会での生活に向けて、必要とされる支援や培っておきたい社会・生活スキルについて考えます。

 第11回  
   7月24日(火)
 進化する科学的子ども観
                    
                    京都大学大学院 森口 佑介  
本講義では、発達心理学で扱われてきた科学的な子ども観の歴史的な推移について紹介する。具体的には、「無能な子ども観」「有能な子ども観」「大人と異なる存在としての子ども観」について最新の知見を交えながら議論する。



後期:治療的アプローチを学ぶ

 第12回  
  9月 4日(火)
 第13回  
  9月11日(火)
 ペアレント・トレーニング
   〜親子関係の良循環を育むアプローチ〜

                   関西福祉科学大学  久保 信代  
 
発達障害児者支援を考える上で、その養育者を支えるという視点は欠かせません。日々の生活や養育において親子関係の中によい循環を生み出すアプローチとして、ペアレント・トレーニングを紹介します。またSSTについても少し触れます。

 第14回  
  9月18日(火)
 第15回  
  9月25日(火)
 ことばの遅れと言語治療
                  近畿大学附属病院  久保田 功 
 
ことばの遅れは、乳幼児期の発達相談の大きなテーマです。ことばの遅れがどういった原因で生じているのかを知り、その子に適した指導や訓練を考え、実行していく、言語聴覚士の視点とアプローチを学びます。

 第16回  
  10月 2日(火)
 第17回  
  10月 9日(火)
 保育・教育・療育に活かせる感覚統合の視点と遊び

                    白鳳短期大学  高畑 脩平  
 
「落ち着かない」「不器用」など、子どもの気になる行動の背景には、感覚の感じ方や情報処理の問題があるかもしれません。子どもの行動の意味や背景を体験を通して理解し、子どものそだちを支える働きかけについて考えてみましょう。

 第18回  
  10月16日(火)
 第19回  
  10月23日(火)
 きもち・ことば・遊びを育むアプローチ ~遊戯療法の視点から~
                    
                     奈良女子大学  黒川 嘉子  
子どもの中には、ことばにならない、あるいは、子ども自身も気がついていないような気持ち(感情や思い)がたくさんあります。遊戯療法の視点から、子どもがこころ豊かに遊び、表現することを支える関わりについて考えます。

 第20回  
  10月30日(火)
 第21回  
  11月 6日(火)
 子どもを理解するための行動分析の視点
        〜行動の意味を読み解き、自己制御の力を育むために〜 
                     京都ノートルダム女子大学  空間 美智子  
子どもの行動の意味を読み解くための手立てとして、「行動分析」の視点を紹介します。また、行動の意味を踏まえた関わり方と、子ども自身の中に自己制御(セルフコントロール)の力を育むための働きかけについて考えます。

 第22回  
  11月13日(火)
 子どものそだちを見守って思うこと
 

                      洛西愛育園  高木 恵子  
 
子ども達は成長し、大人になっていきます。長い人生を歩む子どもたちに対して、私たちが今できることは何でしょうか。乳幼児期から成人期まで、ご本人、ご家族と伴走し、その道のりを見守ってきた支援者の視点から考えます。


受講資格
特に参加資格はありません。どなたでも参加できます。
職場単位で一席の申込も可能です。
開講日
火曜日 19:00〜20:45
時間数
1時間45分×22回=38時間30分
定員
40名
受講料
50,000円 (分納可 申込時30,000円 残金7月末まで)
申込方法
研修申込書(PDF形式)に必要事項をご記入の上、当センターまで郵送して下さい。Fax で送られる場合は送信後にご確認下さい。受講料は郵便振替にてご送金下さい(通信欄に講座名を明記のこと)。
郵便振替 宛先 01010-7-24547 社会福祉法人 京都国際社会福祉協力会
部分的に聴講を希望される場合は、電話でご相談下さい。
締切間近のお申込の場合、定員の空き状況を当センターまでお問合せ下さい。
申込締切
2018年5月2日(水)


                                              △ このページのトップへ

研修課程のごあんない

当センターでは、みなさまの必要性やご希望、経験に応じた、様々な研修を企画しております。研修課程一覧がございますので、講座選択のご参考にして下さい。

研修についてのご質問・ご相談は

研修の選択や受講については、当センターのスタッフがご相談に応じます。お気軽にお問合せ下さい。

KISWECメンバ−シップへのお誘い

KISWECでは皆様のご協力とご支援に感謝し、メンバーシップ制度を設けております。詳しくはこちらをご覧下さい。