■ソーシャルワーカー養成課程  後援:京都市、京都市教育委員会
社会福祉講座    

○ 現代に必要なテーマを扱います。
○「家族」という発達の場を支える実践から、「経済的困窮」「権利擁護」
 「実践における工夫」をキーワードに学びます。


 スケジュール  土曜日 13:30〜16:00 全2回 (5時間)

 テーマ:社会福祉における現代的課題
 第1回  
  4月8日(土)
 経済的困窮にまつわる支援とその方法
  

 大谷大学 中野 加奈子   
 
貧困問題が様々な領域で指摘されています。生活保護制度、ホームレス問題、子ども・女性の貧困、若者問題、生活困窮者支援などの経済的困窮の実態、利用することができる制度、ホームレス支援の歴史と今日の支援状況、そして求められる支援観について学びます。

 第2回  
  8月19日(土)
 成年後見制度をいかに有効に使うか?
  〜ご本人の権利擁護のために〜

                   
                        大阪市立大学  鵜浦 直子  
 
成年後見制度ができて16年が経ち、利用が拡がっています。実際の支援場面では、制度のよい点、不十分な点を補いながら、より利用者の福祉に貢献できるような制度の活用が求められます。その活用のあり方を学びます。


受講資格
福祉、心理、教育をはじめ、対人援助に関して、関心のある方。
定員
各回60名
受講料
無料
申込方法
研修申込書(PDF形式)に必要事項をご記入の上、当センターまで郵送して下さい。Fax で送られる場合は送信後にご確認下さい。
郵便振替 宛先 01010-7-24547 社会福祉法人 京都国際社会福祉協力会
締切間近のお申込の場合、定員の空き状況を当センターまでお問合せ下さい。
申込締切
定員に達するまで随時お申込み頂けます

                                              △ このページのトップへ

研修課程のごあんない

当センターでは、みなさまの必要性やご希望、経験に応じた、様々な研修を企画しております。研修課程一覧がございますので、講座選択のご参考にして下さい。

研修についてのご質問・ご相談は

研修の選択や受講については、当センターのスタッフがご相談に応じます。お気軽にお問合せ下さい。

KISWECメンバ−シップへのお誘い

KISWECでは皆様のご協力とご支援に感謝し、メンバーシップ制度を設けております。詳しくはこちらをご覧下さい。