TOPイメージ



対人援助職のための講座
ソーシャルワーカー養成課程  
後援:京都市、京都市教育委員会


“丁寧に聴く”を体験的に学ぶ ─「 感じ」に耳を澄ませる ─
 他者とともにいて、寄り添い、耳を傾けたいと思う時があります。でも、難しいことも多いです。言葉があるときもあれば、ないときもあります。私たちは相手とどのように居ればよいでしょうか。
 本講座では、「感じること」を中心に、“ 丁寧に聴く” ことを体験的に学びます。体験してはふり返り、言葉にします。そして、互いの経験を知ることで、さらに考え、それぞれの体験が深まっていくようにします。

受講生の声
  • 自分が、話し手や聴き手を何回も重ねることで自分の「感じ」を体験することができた。
  • 自分の「感じ」に目を向けることの大切さが身にしみました。
  • 体と心で体験でき、新鮮でした。

日時 2021年7月3日(土)~11月6日(土) 土曜日 13:30~17:00 全5回 ※5月開講予定でしたが、7月開講に変更になりました。
時間数 17.5時間
受講資格 心理、福祉、教育、医療などの分野で相談援助活動に携わっている方。
定員 15名(希望者少数の場合、不開講になることがあります)
受講料 25,000円
申込締切 2021年6月19日(土)
申込方法 お申込フォームより、エントリーしていただくか
研修申込書(PDF形式)に必要事項をご記入の上、当センターまで郵送して下さい。
Fax で送られる場合は送信後にご確認下さい。
受講料は受講決定のご連絡後に郵便振替にてご送金下さい(通信欄に講座名を明記のこと)。
郵便振替 宛先 01010-7-24547 社会福祉法人 京都国際社会福祉協力会
毎週土曜日 13:30~17:00 全5回 (17.5時間)
第1回
7月3日(土)
ひたすら聴く(ただそこにいる・ただ頷いて聴く)
第2回
8月7日(土)
理解したことを伝える
第3回
9月4日(土)
話し手の「感じ」に耳を澄ます
第4回
10月2日(土)
聴き手自身の感じに注意を向ける
第5回
11月6日(土)
聴き手の感じを話し手に伝える



ページTOP