TOPイメージ



[公開講座] 社会福祉講座  受講料 無料
ソーシャルワーカー養成課程  
後援:京都市、京都市教育委員会


  • 現代に必要なテーマを扱います。
  • 「家族」という「発達」の場を支える実践から、「医療との連携」「専門職の使命」をキーワードに学びます。

日時 第1回 2019年4月13日(土) 13:30~16:00
第2回 2019年11月2日(土) 13:30~16:00
時間数 全2回 (5時間)
受講資格 福祉、心理、教育をはじめ、対人援助に関して、関心のある方。
定員 各回60名
受講料 無料
申込締切 定員に達するまで随時お申込み頂けます
申込方法 お申込フォームより、エントリーしていただくか
研修申込書(PDF形式)に必要事項をご記入の上、当センターまで郵送して下さい。
Fax で送られる場合は送信後にご確認下さい。
土曜日 13:30~16:00 全2回 (5時間)
第1回
4月13日(土)
精神科医療と福祉の連携
~支援現場の新たな課題~
臨床心理士・精神保健福祉士  吉村 夕里

【講座内容】
支援現場において、医療との連携は欠かすことができません。特に近年は、子どもからお年寄りまで、行動障害や精神症状と見なされた状態への対応について、精神科医療との関係をもつ時代となっています。そんな中、支援現場が留意するべきことは何か。社会福祉における対人援助の独自性は何か?について考えます。

第2回
11月2日(土)
社会福祉の原点とは何か?
社会福祉士事務所 たかしまや便利堂
ホームソーシャルワーカー京都円町事務所 代表
高嶋 康伸(社会福祉士)

【講座内容】
資格ができて、30 年以上が経過した国家資格社会福祉士。社会において、その役割を果たすことができたのでしょうか? 2002 年から独立開業し、一から支援を始めた「たかしまや便利堂」。その取り組みを通して福祉職が貫くべき姿、社会福祉の原点とは何かについて学びます。