TOPイメージ



治療教育セミナー
~K式発達検査を用いた発達援助セミナー~


発達支援に関する実践的な学習を希望される方のための講座です
新版K式発達検査を用いた発達相談や発達援助のあり方を学ぶ実践講座です。
発達検査は、実施手順を学べば誰でもすぐに使えるというものではなく、発達についての学びを深め、子どもと関わる経験を積み、検査用具の扱いに慣れていく中で、使いこなせるようになっていきます。このセミナーでは、発達相談における検査の活用について、実施のコツや工夫、発達の見立てや援助の視点について、体験的に学びを深めていきます。
このセミナーは新版K式発達検査を用いた相談業務に従事する現任者の方を対象に企画しており、新版K式発達検査の実施法については既に習得されていることが前提になります。検査の実施法についての学習を希望される方は、「新版K式発達検査講習会」にお申込みください。

日程 Stage1 2019年7月6日(土) 10:00~17:00
Stage2 2019年9月28日(土)・29日(日) 10:00~16:00
Stage3 短期集中講座(2日間)エントリー制。
定員に達し次第、開講日を決定します。
受講資格 ① 新版K式発達検査初級講習会の修了者または、
② 新版K式発達検査を用いた相談業務に従事している方
Stage1を受けずにStage2、Stage3から受講していただくこともできます。
時間数 Stage1:6時間
Stage2:10時間
Stage3:12時間
定員 Stage1:30名 ※定員に達しました。現在キャンセル待ちでの受付です。
Stage2:30名 ※定員に達しました。現在キャンセル待ちでの受付です。
Stage3:15名程度
受講料 Stage1:10,000円
Stage2、Stage3:20,000円
申込締切 Stage1:2019年6月29日(土)
Stage2:2019年8月31日(土)
Stage3:随時受付
申込方法 お申込フォームより、エントリーしていただくか
研修申込書(PDF形式)に必要事項をご記入の上、当センターまで郵送して下さい。
Fax で送られる場合は送信後にご確認下さい。
受講料は受講決定のご連絡後に郵便振替にてご送金下さい(通信欄に講座名を明記のこと)。
郵便振替 宛先 01010-7-24547 社会福祉法人 京都国際社会福祉協力会
別パンフレットも用意しています。ご請求下さい。
 ※Stage1・Stage2は定員に達しました。現在キャンセル待ちでの受付です。
Stage1:「発達相談のプロセスを学ぶ」
2019年7月6日(土) 10:00~17:00
内 容 Stage1は、検査を実施しはじめた初任者の方を対象に企画しています。検査の実施、評価、結果報告という一連のプロセスの中で出会う様々な事態に、検査者としてどう対応できるのか、幅広い視点を持つことで、よりよい発達相談を展開する力を養うことを目的としています。
スケジュール
10:00~12:00
  • 検査をどう実施するか ― 導入・施行順序・困ったときの一手 ―
12:00~13:00
昼休み
13:00~15:00
  • 通過/不通過の評価 -判断に迷った時は?-
15:00~17:00
  • 発達の見立てと結果のまとめ -助言の面接・報告書の作成-
Stage2:「子どもの見立てと保護者への助言を考える」
2019年9月28日(土)~9月29日(日) 10:00~16:00
内容 Stage2では、検査を用いた「子どもの見立てと助言」をテーマに学びを深めます。新版K式発達検査を用いた発達相談に関するモデル事例を通して、発達理解のための視点を学び、有効な助言・援助を導き出すための演習(ロールプレイ・ディスカッション)を重ねます。
スケジュール 9月28日(土)
10:00~12:30
  • 検査の実施・記録・見立て ーモデル事例の検査場面視聴―
12:30~13:30
昼休み
13:30~16:00
  • 見立てを深める -発達をみる眼を養う-

9月29日(日)
10:00~12:30
  • 助言のコツをつかむ ーロールプレイを通して―
12:30~13:30
昼休み
13:30~16:00
  • 事例から学ぶ -子ども理解と発達支援・家族支援-
Stage3:「発達相談グループスーパーヴィジョン」
変則開講・エントリー式
内容 Stage3は、受講される方が携わる実際のケースについて、どう対応していけるかを考える「発達相談グループスーパーヴィジョン」がテーマです。新版K式発達検査を用いた発達相談について、検討したい場面や事例を持ち寄り、検討します。発達相談に携わる方の中には、一人職場であるなどの理由から、個々のケースについて丁寧に振り返る機会や、アドバイスを得る機会が少ない方もおられるかと思います。グループスーパーヴィジョンでは、講師と参加者によるディスカッションによって実際のケースを検討することで、日々の発達相談のあり方を見直し、ケースの展開や支援の視点を拡げる機会を提供します。
開講日 短期集中講座(2日間) エントリー制。定員に達し次第、開講日を決定します。